借金問題の相談は弁護士か司法書士のどちらの相談した方が良いの?

借金問題を相談する際に法律の専門家に依頼をすることを知っている方は多いのですが、弁護士と司法書士のどちらに相談すればよいかで迷う方が多いです。

そこで今回は借金問題における弁護士と司法書士の違いを分かりやすく解説していこうと思います。

借金返済

弁護士と司法書士の違い

まず弁護士とは身近で起こる事件やトラブルに関して法的なアドバイスをしてくれます。また、あなたの代理人としてトラブルが起こった相手と交渉をしてくれます。弁護士は法律業務の全てを担当することができます。

一方の司法書士は会社や不動産などの登記手続きを担当することが主な業務となっています。つまり、司法書士制度は弁護士が行き届かない部分を補完するという役割を担っています。

そのため、法務省の認定を受けることによって、認定司法書士として「一定の範囲内において紛争解決業務」を扱うことが認められています。

この「一定の範囲内において紛争解決業務」ということで、借金問題に関しても対応することができるのです。

司法書士が借金問題に関与できるようになった経緯

平成14年の司法書士法改正によって、司法書士に示談交渉権や簡易裁判所代理権が認められました。

わかりやすく説明すると、所定の研修を修了して法務大臣から認定を受けた司法書士は、その当事者に代わって相手方と和解交渉をしたり、簡易裁判所で裁判上の代理人になることができるようになりました。

この平成14年の改正によって、司法書士は任意整理の手続きができるようになりました。

司法書士は、従来から書類作成代理業務として行ってきた自己破産、個人再生手続きだけでなく、新たに任意整理業務にも対応できるようになりました。

業務範囲の線引き

但し、借金問題においても弁護士と司法書士の業務においては線引きがされています。

それは個別の債権額が140万円以上であるかどうかによって決定します。

弁護士の場合は個別の債権額の大きさに関係なく法律相談や交渉、訴訟が実施できますが、司法書士の場合は個別の債権額が140万円未満の場合のみ、法律相談や交渉、訴訟を実施することができるのです。

つまり、あなたの借金の金額が140万円未満であれば、弁護士と司法書士のどちらでも相談することができますが、借金が140万円以上の場合は弁護士しか相談することはできません。

ここで注意しておきたいのは「個別」の債権額が対象になっているという点です。例えばあなたの借金の合計額が200万円であったとしても、3つの貸金業者から80万円、70万円、50万円を借りていた場合は、個別の債権額が140万円未満となるため、司法書士に相談することができます。

地方裁判所の代理人

その他の違いとしては地方裁判所の代理人になるかどうかの違いがあります。

司法書士は地方裁判所の代理人になることはできませんが、その一方で弁護士は地方裁判所の代理人になることができます。

例えば過払い金の回収のために地方裁判所に訴訟を提訴した際、貸金業者も弁護士費用がかかるため早めに和解に応じるケースがあり、早期の返還が期待できるというメリットがあります。

まとめ

借金問題を解決するために弁護士と司法書士のどちらに相談すればよいかという疑問に関してはあなたの借金状況によって変わります。

あなたの抱えている個別の借金が140万円を超えている場合や過払い金を回収するために訴訟を検討している場合なら弁護士に相談するようにしてください。

実際に司法書士事務所に借金問題の相談をした場合はあなたの借金問題を解決できるかを判断してくれるのでそれほど気にすることはないと思います。

司法書士事務所で対応できなければ弁護士事務所に相談すれば良いだけの話ですからね…(笑)

まずはどちらの事務所でもよいので、あなたが抱えている借金の悩みを相談することが何よりも大切です。

解決する時間が長引けば長引くほど利息も膨れ上がって、解決方法も限定されてしまう恐れがあります。

大半の事務所では無料で相談に応じてくれるので、気軽にメールや電話で問い合わせてみて下さい。


PAGE TOP