注意しよう!ギャンブル依存症で借金まみれになる恐れがあります

一般的に借金をする場合は生活費などが苦しくなってカードローンやフリーローンなどを申し込むことが多いですが、中にはギャンブル目的で借金をする方もいます。

パチンコや競馬などのギャンブルは日常生活の息抜きや気分転換に活用する程度なら問題はないですが、借金をしてまでギャンブルをする行為は非常に危険です。

このような人はギャンブル依存症に陥っている可能性が高いです。ある調査では日本国内に約200万人程度のギャンブル依存症の方がいるというデータがあります。

ギャンブル依存症で借金まみれ

ギャンブル依存症とは・・・

このギャンブル依存症とは精神疾患の一つです。文字通りギャンブルに対する依存症のことです。

ギャンブルにのめり込むことはダメだと頭では理解していても、一定期間ギャンブルから離れていると、無性にギャンブルがしたくなる傾向があります。

また、次第にギャンブルをする頻度が多くなり、賭け金自体も大きくなりリスクを伴った勝負に快感を覚えて離れられなくなるのです。

このようなギャンブル依存症になってしまうと大変です。自分の毎月の給料の大半をギャンブルにつぎ込むようになり、挙げ句の果てには借金をしてまでギャンブルをしたくなる衝動に駆られます。

ギャンブル依存症になりやすいタイプ

ギャンブル依存症になりやすいタイプや性格の方はいます。

例えば、一攫千金を手にしたいという願望が強い人は注意して下さい。もちろん一生懸命に仕事をしてお金持ちになりたいという思考回路になっている場合は問題はありません。

その一方で何も努力をせずに楽をして大金を手に入れたいと考えている人はギャンブルに手を出してしまう可能性が高いです。

その他には負けず嫌いの方も要注意です。気分転換に行ったパチンコ店や競馬場で負けてしまった後、その負けを取り戻すためにリベンジを考えてギャンブルをする頻度が徐々に多くなっていきます。

基本的にギャンブルは負けるようにできているのですが、負けず嫌いの性格のために勝つまでギャンブルをしたくなる心理状態となり、知らず知らずのうちにギャンブル依存症になってしまいます。

また、現実逃避をしたがる人も気を付ける必要があります。仕事や人間関係で嫌なことがあり、その現実から逃げ出すためにギャンブルをするタイプです。

嫌な現実社会を忘れさせてくれるギャンブルの空間に夢中になり、依存症になってしまう恐れがあります。

ギャンブル依存症の治療方法

一度ギャンブル依存症になってしまうと自分だけの力で改善することは非常に難しいです。

おすすめなのは医療機関を利用して治療をしていく方法です。

基本的には薬物治療とカウンセリング、自助グループへの参加の3つの方法で治療が行われます。

ギャンブル依存症を改善する薬は存在せず、単に薬を服用するだけでは治療できません。医療機関で処方される薬は安定剤は抗不安薬、睡眠薬などです。

例えば、ギャンブルができないストレスに苛まれた時などに薬を飲んで精神を安定させます。

カウンセリング治療ではギャンブル依存症に苦しんでいる状況をカウンセラーに伝えることで心が楽になり、前向きな心理状態も導くために実施されます。

そして自助グループ治療では、同じギャンブル依存症に苦しんでいる方々が集まって通常の状態に戻ることを目的として実施されます。

この自助グループのことをギャンブラーズ・アノニマスといい、略して「GA」と呼ばれています。「GA」は日本全国で運営されています。

弁護士や司法書士に相談しよう

一度借金をしてしまうとその後も制限が効かなくなり、何度も借金をしてしまうケースが多いです。

どれだけ借金をしても一回の大勝利で全てを取り戻せると考える傾向があり、気が付いた時には既に借金まみれになっていることもあります。

ギャンブル依存症で借金を抱えてしまった場合は、できるだけ早い時期に弁護士や司法書士に相談して債務整理手続きを検討して下さい。

債務整理の相談は無料で受付をしている事務所が多いので、取り返しのつかない事態に陥る前に相談することをおすすめします。

また、あなたの周りでギャンブル依存症の傾向がある方がいれば、症状が軽いうちにギャンブルから手を洗うようにアドバイスをしてあげて下さいね!


PAGE TOP