危険です!連帯保証人になる場合は十分に気を付けて下さい

自分自身が抱えた借金で苦しむ場合は自業自得と言えますが、友人や知人の連帯保証人になって借金返済をしなければいけなくなるケースがあります。

この連帯保証人という制度はどのようなものなのでしょうか?

連帯保証人の制度を理解するためには、一般的な保証人と連帯保証人を比較するとよく分かると思います。

連帯保証人

催告の抗弁

貸金業者などの債権者が保証人に対して借金返済を求めてきた場合は主債務者から借金を返済してもらうように要求することができます。

しかし連帯保証人の場合は債権者からの借金返済の要請に応じなければいけません。つまり債権者側は主債務者と連帯保証人のどちらにも借金返済を請求することができるのです。

専門用語で「催告の抗弁」と言いますが、保証人には催告の抗弁ができますが、連帯保証人では催告の抗弁ができないということになります。

また、このことを補充性という言葉で説明することもあります。補充性とは、保証人は主たる債務者が返済しない場合にはじめて返済する責任を負うことを意味します。

検索の抗弁

保証人の場合は主債務者が返済できるお金や財産があるにも関わらず債権者に返済しなければ、債権者に主債務者から借金を返済するように要請することができます。

一方で連帯保証人の場合は同じ状況であっても債権者に主張することができずに、連帯保証人自体が返済しなければいけない義務を負います。

このことを「検索の抗弁」と言います。

保証人が複数人いる場合

保証人や連帯保証人は一人である必要はありません。場合によっては複数人が保証人に設定されているケースもあります。

保証人と連帯保証人場合はでは少し状況が異なります。

保証人が複数人いる場合はその人数で分割した金額を返済する義務を負います。

しかし連帯保証人が複数人いる場合は人数分で分割することはしません。連帯保証人は全ての人が主債務者が背負っている借金の全額を返済する義務を負います。

つまり債権者は連帯保証人が複数人いる場合でも、その中から特定の人物に全額返済することを要求することができるのです。

連帯保証人の責任・義務は重い

このように連帯保証人とは非常に重い責任・義務を負うことになります。ほとんど主債務者と同様に扱われることになります。

そのため、大半の借金に関する契約では連帯保証人を設置する仕組みになっています。

もしあなたが友人や知人から連帯保証人になるように頼まれても気軽に応じてはいけません。

断ることで友人関係が壊れてしまう恐れもありますが、借金返済義務を負うことであなた自身の人生が無茶苦茶になってしまう恐れがあります。

借金の金額や利息を確認して、あなた自身が無理なく返済できると確信できた場合にのみ連帯保証人になってください。

法律の専門家に相談しよう

既にあなたが連帯保証人になっていて、貸金業者(債権者)から借金返済の要請があった場合は基本的には一括払いをしなければいけません。

多額の借金を抱えていた場合は簡単に支払うことはできません。

中には主債務者の借金を返済するために新たに借金をする方もいますが、そのような行為は絶対にしてはいけません。

まずは弁護士や司法書士に相談するようにしてください。

連帯保証人になったからには借金を返済する義務はありますが、債務整理を実施することができます。

法律の専門家に相談することで最適な解決方法をアドバイスしてくれます。あなたの頼もしい味方になってくれると思います。


PAGE TOP